健康ブログ

2021年7月

熱中症の対処法を知っておきましょう!

2021-07-01

足立区で健康宅配牛乳をお届けさせていただいている大田乳業です。 :-o 

 

今年も早いもので、半分が終わってしまいました。

コロナ禍の中、時の流れは速いものです。

だからこそ毎日、健康で楽しく暮らしていけるよう心掛けたいものですね。

梅雨が明けると暑い夏がやってきます。

この時期に気をつけたいのが”熱中症”です。

特に今は、マスク生活の中でそのリスクは増しています。

熱中症は気をつけていても患ってしまう可能性があるものと認識し、自分や

周りの方が患ってしまった場合の対処を身につけておきたいものです。

熱中症の主な症状は、めまい、筋肉の硬直、頭痛、吐き気、倦怠感、虚脱感

など重症化すると意識障害やけいれんを起こしたり、身体に触れると熱いと

感じるほど高体温となることがあるそうです。

このような症状があったら、すぐにエアコンが効いている涼しい室内に運び、

それが難しい場所であれば日陰の風通しの良い所へ移動し、衣服を脱がしたり

身体を締め付けているもの緩めたりして身体から熱を放散させるように対処が

必要とのことです。皮膚や衣類に水を掛け、うつわ等仰いで身体を冷やすのも

効果的ということです。また、氷や冷却材、冷えた飲料などで首前方の両側

脇の下足の付け根の前面などを冷やし、同時に冷たい飲料を飲ますのが、

大切な処置ということです。ただ、意識障害がある場合に無理に飲ませると

気道に流れ込む可能性があるので注意が必要です。

いかに早く体温を下げるかが重要な対処法となるので、身体の冷却は速やかに

行うことが重要ですね。

合わせて、熱中症の予防には運動後30分以内に牛乳やヨーグルトを摂取する

のが良いそうです。

 

 

 

ページのトップに戻る